fc2ブログ
おみくじ×街歩き×お宮巡り
こんばんは、カブ隊 副長の小林です。


昨日は、節分の恒例行事の八ノ宮めぐりをしてきました。
IMG_2543.jpg
みんなはお寺と神社の違いはわかるかな?

簡単に言うと、
お寺は先祖の人や仏様を敬う場所
神社は神様を敬う場所


なので、お寺では手を叩いてはいけない。
副長も小さい頃はお寺と神社の違いがイマイチよくわからなかったものです。

ですので、はじめてのうさぎスカウトも、何回も作法を学んだくまスカウトも、
神主さんと一緒に「二礼二拍手一礼」の仕方を教えてもらってから参拝をはじめました。
IMG_2544.jpg
神社の境内では、真ん中を歩いてはいけないルール。なぜなら、道の真ん中は神様が通る道だから。

IMG_2545.jpg
両親の了解を得ているのか不安ですが、おみくじを引いたスカウトもいました。写真からは見づらいですが、彼は「小吉」だったみたいです。

<一ノ宮神社>
IMG_2546.jpg
まずは一宮神社で撮影。残りは8社+2箇所あります。どんどん行こう♪


<二ノ宮神社>
IMG_2548.jpg
お次はサウナ&スパの近くにある二ノ宮神社です。この境内は有名な生田神社や湊川神社と比べると狭いですが、神戸八宮の中では人気の神社です。

<生田神社>
IMG_2551.jpg
お次は少し寄り道をして生田神社へ。ここは毎年たくさんの人が参拝に来るので有名ですね。

IMG_2552.jpg
もう少ししたら、この生田神社の鳥居に有名人が来て、節分で餅まきをします。
みんなは行った事あるかな?

この後は、神戸市役所のほうへ向かって歩きます。
IMG_2553.jpg
これは東公園に立っている時計台。時間がなぜか5:46で止まっています。
実は、神戸も19年前に大地震でたくさんの人が亡くなりました。この時は副長もみんなと同じくらいの小学生でした。
こんなにがんじょうに作られた時計台やビルが簡単に倒れてしまうくらいの激しい揺れでした。地震の力は本当に怖いものです。


そんな、震災で失った悲しみと教訓から、「希望の灯」ができました。
ボーイスカウトのモットーにもある「そなえよつねに」
IMG_2554.jpg
普段から、いつ災害が起きても対処できるように、みんなも防災の準備をしておきましょう。

IMG_2558.jpg
↑ここは、震災で亡くなった人を奉っている場所。不運にも震災の被害にあった人の名前が刻まれています。


今日はなかなかいいペースで歩いてきているので少し時間に余裕ができました。
なので、神戸を一望できる展望台から、神戸市の町並みを見てきました。
IMG_2559.jpg
IMG_2560.jpg


<三ノ宮神社>
IMG_2561.jpg
お次は三ノ宮神社。近くにデパートがあるのでついつい素通りしてしまうのですが、実はこんな街中にも神社があります。
みんな、好きな干支の上に立って記念撮影です。


さて、お宮も半分ほど回ったところで、おなかが空いてきました。
四ノ宮神社では、的場隊長が暖かいスープとコロッケを用意してくれているのでもう人頑張りだ!!!


<四ノ宮神社>
IMG_2562.jpg
今日は11時半頃に四ノ宮神社に到着しました。
今年はいつになく早いペースで進んできているので、みんなでゆっくりと食事と暖をとることができました。
IMG_2564.jpg
さあ、残りは半分。出発前にみんなで写真をとって、本日一番高い場所にある五ノ宮目指して出発です。


<五ノ宮神社>
IMG_2567.jpg
六甲山の急な斜面の上にあるからか、人影の少ない五ノ宮神社に到着です。
毎年恒例の坂道ダッシュを制したのは”しばたくん”でした。
カブ隊の一番福かもしれませんね。

IMG_2570.jpg
高いところにきたら、今度は六・八ノ宮を目指して下っていきます。
ここは、大倉山公園にある富士山の頂上。
みんな良いペースで歩いてきてるので、ここでしばしの間、遊んできました。


ちょっと遊びすぎていると、的場隊長から無線が入りました。
<六・八ノ宮神社>
IMG_2573.jpg
さあ、気持ちを切り替えて歩いていくと六・八宮神社に到着です。
残りは湊川神社と七ノ宮神社のみ。もう一息です。

<湊川神社>
IMG_2574.jpg
湊川神社までは5分ほどで到着。
ここで、節分豆をみんなで食べるのがカブ隊の恒例。なんと、福寿賞が当たったので、みんなでジュースを分けて飲みました。

さて、最後の七ノ宮が少し距離が離れています。
みんな、もう少しなのでガンバレ

<七ノ宮神社>
IMG_2575.jpg
こうして、無事に全員七ノ宮神社に到着しました。

最後に、神主さんに八宮全社の朱印を渡して、今日の活動は終了です。
運が良ければ、何か良いご褒美がもらえるかもしれません。

応募のためには裏に自分の住所と名前を書かなければなりません。
今年、きちんとかけなかった人は、来年までにかける様に、年賀状を書く練習をしてみましょう。


さて、来週はいよいよ楽しみにしてたスキー舎営です。
去年は片づけで隊長に注意されたけど、今年は「やるときはやる、遊ぶ時は思いっきり楽しむ」

メリハリのある舎営にしましょう。

それでは。
(CS隊 ACM 小林)
スポンサーサイト



[2014/01/26 23:40] CS活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>