fc2ブログ
目指せ、トリプルアクセル
こんばんは、カブ隊副長の小林です。

昨日はカブ隊のみんなと一緒にポートアイランドのスケートに行ってきました。

参加した5名のスカウトのうち3人は経験者みたいですが、みんな3回程度とのこと。
今回の指導は私と応援で来てくれた津田隊長のみ。
さすがにスケートのジャンプはできませんが、ここは副長がしっかりと滑り方を教えなければ!!!


IMG_2672.jpg
スケートリンクの開場が10時だったので、30分ほど早めにスケート場についてしまいました。
時間が余ってたので、マスコットのペン太くんと記念撮影です。

しかし、余裕があったのもここまで

いざ、スケート靴をレンタルしようとみんなの靴のサイズを聞いてみたら、ほとんどが「わからな~い
急遽、副長の26cmの靴とみんなの靴のサイズを比べながらおおよその靴のサイズを店員さんに注文しました。
みんな大体22~24cmくらいなので、0.5~1cm程度小さ目のサイズを頼めばOKのはず。


トラブルはさらに続きます。
「副長~、靴紐が結べませ~ん」「ちょうちょ結びってなぁに~」


・・・・保護者のみなさん、イロイロと常識知らずな副長ですみません。
スケートは靴紐をしっかりと結んでおかないとまともに滑れないので、今回は津田隊長と二人で靴紐を結ぶことにしました。
・ちょうちょ結び
大きくなったら、みんなちょうちょ結びは誰でもできるようになるので、今のうちに覚えておきましょう。
リンクを貼っておくので、おうちの人と練習しておいてくださいね。


さてさて、気持ちを切り替えて、みんなの腕前を見るため、まずは一通りリンクで滑ってもらいました。
IMG_2673.jpg
↑初心者の二人はリンクでまともに立つことができず最初からバテバテモード。(すぎもとくんは笑顔でポーズをとってくれましたが、かなり痛い思いをしています。)
経験のある3人はリンクを小走りしながら滑っていました。でも、壁から手を離す程度なのできちんとは滑れてない。


ということで、今回は鬼コーチになって滑り方をキチンと教えることにしました。
IMG_2677.jpg
2時間くらいたったら、スケートリンクのメンテナンスが入ります。
みんなは、スケートリンクが綺麗になるのを今か今かと待ってました。


でもでも、みんなお腹が早くすいたのか、11時半頃には先にご飯を食べたいとの声が・・・。
副長がお菓子の準備を忘れていたのもありますが、リンクの上は冷えるからお腹がすきやすいのかな?
IMG_2675.jpg
ということで、休憩室に移動してお昼ご飯にしました。


津田隊長の話を聞いていると、他の人をよけられずにぶつかったりしてたとか・・・
これはまずいなぁ~(汗)
ということで、お昼ご飯を食べたら本格的に滑り方を教えることにしました。

まずは、滑る時の姿勢。
スキーの時は”ハ”の字で斜面を滑ったけど、スケートはその逆なので、"\/"の形で足を外側にけりだします。
ブレーキをかけるときは両膝に手をついて"ハ"の字になります。すると、スケートの歯をガリガリいわせながら止まることができます。

もう一つは体重をどちらかの足に乗せる方法。
右足に乗せれば右方向にくるくる回ってよけることができ、左足に乗せれば左方向にくるくる回ってよけれます。

副長が教えたテクニックはそれだけなのですが・・・


みんな、きちんと話を聞いて練習してくれたので、お昼からは自分の意思で上手にコントロールできるようになってきました。
IMG_2680.jpg
↑鮮やかにターンしてカメラの前でポーズを決めるみやじまくん♪。
IMG_2681.jpg
↑午前中は突進してたしばたくんですが、昼からは人の中をうまくすり抜けて滑れるようになってます。
IMG_2683.jpg
午前中は壁伝いにしか滑れなかったのぞむくんは、自力で滑れるようになりました。

IMG_2684.jpg
自由にコントロールできるようになったら、今度はみんなでリンク上でスピード勝負!
意気揚々と滑っている組長代理の勇士もしっかりと撮ってますよ


IMG_2685.jpg
ゆゆなちゃんも、もともとの運動センスもあってか、ほとんどこけずに上手に滑っていました。

IMG_2689.jpg
IMG_2690.jpg
スケートは今回始めてのすぎもとくんは、ゆゆなちゃんと津田隊長のサポートを受けつつも、少しだけ一人で滑れるようになりました。


帰りの車中ではみんな疲れたのか、西鈴蘭台駅につくまでぐっすり休んでいました。
いろいろとスカウトのみんなに頑張ってもらわないといけないコトもあるけど、今日一日でみんな上手にスケートを滑れるようになってました。

また、家族と一緒にスケートにいくことがあったら、今度はきちんと靴紐を結んで、みんなに上手に滑る姿を見せてあげてください。

それでは。

(CS隊 ACM 小林)
スポンサーサイト



[2014/03/16 22:21] CS活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>